<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ニシユタカ収穫!

今朝は−0.4℃まで下がり、とうとう。。。

131209じゃがいも1.jpg

131209じゃがいも2.jpg

生育の良かった小さい方の畝も、

131209じゃがいも3.jpg

ひと株だけまだ頑張れそうなんだけど。

131209じゃがいも4.jpg


今夜は荒れ模様、で、その後は寒波。
年末になればなるほど畑仕事の時間はとりにくくなるし。。。
ということで、今日掘ることにしました。

まず、大きいほうの畝

131209じゃがいも5.jpg

右上のほうに写っているのは、こぼれ種で生えてきてワサワサとなっているレッドロシアンケール。微妙ですがそちらに向かって傾斜があり水はそっち方向に溜まります。

131209じゃがいも6.jpg

土の状態が見えるかとそのままにしてあるのですが、まだこいつがいます。

131209じゃがいも7.jpg

で、畝の中でジャガイモの成長具合・イモの大きさ・数もそっちのほうが良くない。
一番端の片側は生育途中で茎が切られ、収穫できませんでした。

この畝で、一番の大物はこれ。

131209じゃがいも8.jpg

あとは、こんな感じのが多数。

131209じゃがいも9.jpg

概ね肌はきれいなのですが、いくつかサビ色の斑点が見られました。


期待の小さい方の畝。いい感じ。

131209じゃがいも10.jpg

ここで本年一番の大物登場!

131209じゃがいも11.jpg

全部でこれだけ収穫できました〜!

131209じゃがいも12.jpg

今年はしっかり食べられそうです。
後日、種イモをとりわけてから大きさ別にして、重さを量ってみます。


さてこの後は、”お料理の時間”です。といってもこういうの。

131209ぬか漬け1.jpg

ジャガイモの茎葉と種芋を刻み、
畝上にマルチにしていた刈草を刻み、

131209ぬか漬け2.jpg

昨日漬け物にした人参の皮やぬか漬けキュウリのへた、

131209ぬか漬け3.jpg

今朝食べた柿とリンゴの皮や芯。そして塩を少々・・・

131209ぬか漬け4.jpg

これらを手でもんで水分を全体になじませる→ビニール袋へ、を何回分かして、畝上はきれいになりました。

131209ぬか漬け5.jpg

ビニール袋の残渣には糠を加えて混ぜ込んでから、足で踏んでさらになじませる。
これをどこにどうやって使おうかまだ思いつかないので、とにかくそのまま保管して様子をみます。畝ごと今夜の雨に濡らさないようにビニールがけ。

131209ぬか漬け6.jpg



さて、大きいほうの畝の残渣はどうしようか・・・と思ったけど、どんどん空が暗くなってくる。
時間がないけど、水分過多の茎葉をこのまま土の上に放置する気になれなかったので、とにかく刻む。畝上・畝周辺の刈草も刻んで混ぜ、なんとなく水分調整。

131209ぬか漬け7.jpg

で、もうこのまま畝上で塩と糠も混ぜ込み、

131209ぬか漬け8.jpg

時間切れ。マルチをかけて終了。
0

    もち麦播種

    吸水させておいたもち麦が発根していたので、今日は播種。

    131207もち麦発根.jpg


    まずは大畝の法面側をどうしようかと考えていて、今回は黒マルチしてみようかなあ、と。
    というのは、大豆2畝のうち片方側面に黒マルチをしていたら、そちら側のほうが倒伏が少なかったから。
    全く同条件ではないので、マルチだけの問題ではないかもしれないけど、まあ、なんかちょっとでもいい感じだったのかな?という程度の判断。

    そのために、法面に残っている刈り草の株元を、なるべく根元から散髪。
    根を引き抜くと崩れそうなので、そっとそっと。

    131207大畝1.jpg

    131207大畝2.jpg

    これでマルチは張れると。
    で、マルチの下に何か仕込みたくなってきた。
    刈草は山のようにある。

    131207大畝3.jpg

    これを並べるか?立てかけるか?
    でもワサワサしててどうも扱いにくそう。
    うーん、といじくりまわしているうちに、手が草の束を捻り始めた。
    そうそう、ねじり棒みたいにしてそれを並べよう、ということで何本かつくってみた、が基本的に強力な繊維質のイネ科雑草ばかりなので、置いておくと元に戻ってしまう。
    んじゃ、といういうことで結んでみた。

    131207大畝4.jpg

    ええやーん。気に入った!
    ので、午前中いっぱいかけて大量生産。なかなか楽しい手仕事。晴れてるし暖かいし。
    時々ヨモギが混じると、いい匂い(草餅食べたい・・・)


    これでもカサ高くて扱いにくいので、午後、これを集水穴のたまり水につけて、

    131207大畝6.jpg

    引き上げてから足で踏んでなるべくペッタンコに。

    131207大畝7.jpg

    で、法面の上半分に並べてみた。うずうずがいっぱい。

    131207大畝8.jpg

    この法面は傾斜が2段になっていて、下半分は垂直に近いので積むのは無理。
    上の傾斜でも結構きつくて、ズリ落ちるかもしれないけど。

    131207大畝9.jpg

    とにかくこれでマルチをしてしまう。

    131207大畝10.jpg

    で、やっと播種。

    131207大畝11.jpg

    2条ずつ計4条で蒔いて、溝のところだけ潅水して表土(ほとんど籾殻)をかぶせて、根が出ているので傷めないように手の平でそっと圧着。
    最後に中央の溝の籾殻を整えて終了。

    夜の寒風を避けるため、ブルーシートをかぶせておきました。

    芽はいつ頃出てくる?
    0

      やっともち麦を蒔く畝ができた

      遅いっ!遅すぎる!もう冬やのに!
      でもまあいろいろとありまして、仕方なかったんです。
      蒔くのをあきらめようかな?とも思ったのですが、よく考えれば、あきらめる必要なんて全然ないわけで、蒔いてみればそれでいいんです。

      というわけで、大豆を早採りしたあとシートがけのまま放置していた大畝を整えていきます。

      131202大畝1.jpg

      まずは3分の1ほど、フォークで軽くほぐしてみる。

      131202大畝2.jpg

      やっぱり真ん中に籾殻を詰めることにして溝を掘る。

      131202大畝3.jpg

      前回は高畝自体がつくりたてで畝肩や土止めの強度に不安があったため、ごく浅い溝しか掘れなかったけど、春〜夏を経過して土も落ち着いているので、深さ30cmほどまでやってみる。

      で、気がついた。
      先にほぐしたら崩れて溝掘りにくいやん。。。
      というわけで、あわてて崩れる前に掘った分だけ籾殻を詰める。

      131202大畝4.jpg

      学習したので、畝の残りは土が締まっているうちに溝を掘る。

      131202大畝5.jpg

      ここは高畝にしてあるので、畝端から水が抜けるので安心。

      131202大畝6.jpg

      とにかく籾殻を詰める。ぎゅうぎゅうに。
      その後両脇をフォークで軽くほぐして空気を入れて

      131202大畝7.jpg

      袋詰めしてあった、「溝に入れてあった籾殻+その周辺の土+刻んだ刈草」

      131202大畝8.jpg

      を平に整えた畝上に敷き詰める。
      刈草は溝の籾殻の上に、古い籾殻+土は畝上に。

      131202大畝9.jpg

      131202大畝10.jpg

      まだ、大豆の残渣が残っている。
      鞘と、虫食いなどではじいた豆。これをまた溝の上に。腐りやすそうな素材なのでちょっとこわごわではあるけれど、ま、冬だし。

      131202大畝11.jpg

      131202大畝12.jpg

      まだある。大豆の茎のほう。
      これも荒く切ってさらに溝の上に。

      131202大畝13.jpg

      できた!
      もち麦は結構皮が硬いので明日朝から吸水させて、ちょっと根が動いてから畝に条蒔き予定。
      何しろ出足が遅れているので、少しでも早く発芽してくれたらうれしいなと。
      0

        大豆の収穫

        あまりの寒さと雨やアラレにめげて、今日の作業は午後遅くから大豆の収穫をしたのみになってしまいました。

        まだ青い実もあるけど、もう爆ぜかけているのもあったりして、とにかく全部刈ってしまいました。

        131129大豆1.jpg

        乾燥や保管・作業をするスペースがないので、とにかく実を外してカサを減らさなきゃいけない。
        で、気がつけば真っ暗です。

        131129大豆2.jpg

        左側のは来年蒔く用の実をとる候補。

        131129大豆3.jpg

        姿よく、株まるごと虫喰いなく、三つ子が多い、という優秀なものをとりわけておき、残りを全部はずしました。
        ここまでしたら、まあ仕事場の中に持ち込めるのでズリズリっとシートごと引きずり込んで、今日はここまで、帰らなきゃ!

        いつまでも床に放置はできないので、明日にでも実を出します。
        さてどれくらい虫喰いの無い実が出てくるか?
        0

          ショウガの収穫(きのう)

          気になっていたショウガを、昨日ようやく収穫しました。

          131127ショウガ1.jpg

          今年は小さい!

          131127ショウガ2.jpg

          地上部が寂しかったので覚悟はしていたのですが。。。
          新ショウガのうち来年の種にできそうな大きさといえば、6つか7つぐらい。
          ヒネも種にまわそうか、、、となると今年はひと冬分の食用はとても確保できないな。
          食べるの優先か、無施肥栽培の種ショウガを繋ぐのが優先か。迷うな〜。
          ま、また6株から仕切りなおしでもいいか、とも思う。

          ところで、ショウガを植えていた深耕畝の現在状況ですが、分厚くマルチしていた籾殻は、完全にひとかたまりに。

          131127ショウガ3.jpg

          で、あちこちZAQだらけです。

          131127ショウガ4.jpg

          一番上の写真に写っている右側、土留めの板と土の間に埋め込んである麻袋にぎっしり詰まっている籾殻が奥の方までどうなっているかはまだ見ていません。
          同じ畝に植えていたゴーヤは今年かなりの好成績。
          畝全体としては、意外と土が締まっている。
          籾殻(側面と上面)の分解が進みすぎているからなのか?
          写真左側のブロック塀側には溝がなくて通気が悪くなっているからか?

          さあこの畝、このあとどうしよっか。
          やっぱり左側にも溝+籾殻?
          右側の麻袋の籾殻は、取り出して今年の新しいのを詰める?それともそのまま?
          目の前にはお題だらけです。

          とにかくもうちょっと畝のあちこちを観察してみます。
          明日はようやっとまとめて畑に出る時間がつくれそうなので。

          ついでに。
          11/14に早採りした大豆ですが、その晩に全部実を出してほとんどをすぐ茹でて小分けにして冷凍。
          一部を茹でずにおいて、昨日打ち豆にしてみました。
          まだプニプニした弾力があるぐらいの柔らかさだったので、簡単につぶせた。

          131127打ち豆1.jpg

          これを天日乾燥し、

          131127打ち豆2.jpg

          一晩エアコンの部屋に置いておいたら、もうかなり乾燥している。
          こんな簡単にできるんだったら、もっと打ち豆にまわせばよかった!
          調理時間が短くてすむし、スープなんかに入れたらよく味がなじみそうな気がする。

          畑の大豆はすでにもう完熟でカラカラと音がしてきている。こちらもそろそろ収穫しなきゃ。
          0

            大畝の整理

            おとといの作業をやっとUPです。

            もち麦の播種が遅れて、あせっております。
            いきなり寒いし。
            段取り上、蒔ける場所が大畝しかないので、そこに植わっている(いや半倒れの)大豆を、完熟を待たずに早採りすることにしました。

            131114大畝大豆1.jpg

            大豆を刈ってから、畝上にある倒れたイネ科その他の雑草を刈ったり引き抜いたり。

            131114大畝大豆2.jpg

            大豆はこんな感じ。まだ中でカラカラ音はしません。もっと鞘が青いのもいっぱいあります。

            131114大畝大豆3.jpg

            で、雑草のほうはハサミでカットして、とりあえず袋に入れとく。

            播種の前に、大がかりではなくともやっぱり一度、ある程度フォークでほぐして畝を整えなおしておきたいと思います。
            なので、春に大畝を作った時に真ん中の溝(幅15cm深さ10cmくらい)に詰めておいた籾殻をいったん救出してみます。

            春・夏を経て、こんな感じになっています。菌糸付き。

            131114大畝大豆5.jpg

            131114大畝大豆6.jpg

            これなんか、もうだいぶ分解されてますね。

            131114大畝大豆7.jpg

            この籾殻を、雑草と同じ袋に放り込んでおきます。畝を作り直すまでの間の同居。
            雑草のほうにもちょっと菌糸がまわっていけばもうけもん?
            その晩に豆を全部鞘から出し豆ガラができたので、それもまた一緒にしておきます。

            日が短くて、しかも夜から雨とのことなので、作業はここまでにしてシートをかけておきます。


            さてもうひとつ、深耕畝のほうの現状。
            まだ収穫していないショウガ。

            131114ショウガ.jpg

            今年はあんまり育ってないかな?
            春先の干魃がひとつ。それから私の手(心?)をほとんどかけていなくて背の高い雑草に取り囲まれてしまっていたから。かな?
            早く掘ってみたいのだけど、今年は他のことに時間をかけていて畑に出ることがなかなかできません。

            深耕畝の土留めになっている籾殻を詰めた麻袋のほうはどうなっているかというと、、、
            ちょっと菌糸が回っていたり、色が抜けかけて(リグニン既に喰われてる?)いたり。

            131114深耕畝麻袋1.jpg

            あ、ZAQ

            131114深耕畝麻袋2.jpg

            ここにもZAQ

            131114深耕畝麻袋3.jpg

            この籾殻、どうしよっかな。
            即戦力のエサとして、ショウガ掘ってから表土に混ぜるか?
            で、麻袋に今年もらった新しい籾殻を入れる。
            今のところはそう思ってます。
            が、また、当日になったら別なことしてるかもしれません(笑)

            0

              大豆とじゃがいも

              うちの主力作物として期待のかかる二品、大豆とじゃがいもの様子です。

              まず大豆。だいぶ黄色くなってきました。

              131102大豆.jpg

              にしても、行儀の悪さはピカイチ。。。



              じゃがいも(ニシユタカ)は、病気・虫喰いなしで順調です。
              大きい畝のほう、明らかに右の列が小さい。何でだろ???

              131102じゃがいも1.jpg

              小さい畝。こっちのほうが大きく育っている感じです。

              131102じゃがいも2.jpg

              このところ、気温が10℃〜22℃くらいなので、一番いい生育気温かもしれません。
              でも、盆地なので、そろそろ朝7℃なんて予報も出始めました。
              どこまで大きくなれるかな。。。
              0

                秋じゃがの植え付け

                ようやくあさってあたりから、最高気温が30℃を下回ってきそうです。

                じゃがいも(ニシユタカ)22個を植え付けました。

                130923じゃがいも0.jpg

                春に収穫したじゃが畝。その後オクラを遅蒔きしたもののさっぱり伸びず、先日じゃが用にエサ入れしてブルーシートをかけておきました。

                130923じゃがいも1.jpg

                土はこんな感じ。

                130923じゃがいも2.jpg

                ここに、16個。

                130923じゃがいも3.jpg


                それから、夏前にひもとう用畝として整えておいたものの、結局苗が入手できずそのままひと夏黒マルチがかぶったままだったところに、6個。

                130923じゃがいも4.jpg

                ここの土はこんな感じ。ビニールをはぐったら籾殻が萌え萌え。

                130923じゃがいも5.jpg

                畝中央に一筋たっぷり入れておいたチップも、萌え萌え。

                130923じゃがいも6.jpg

                これらを表土とかるく混ぜて、そこに植え付けました。
                ただこの畝、小さいくせに土の水分量のムラがやたら激しいのです。
                なので、植え付け深さからまだもっと下まで思い切り乾いている2カ所には、植え穴に潅水してからの植え付けとなりました。
                今後の成長具合には差が出る可能性大です。

                どちらの畝も、植え付け後再びブルーシートと黒マルチをかけておきました。
                ブルーシートのほうは、芽が出そうな頃には黒マルチに替えないといけないですが。
                どれぐらいで芽が出てくるかな?


                彼岸がすぎたら、きっちり涼しくなりそうです。
                仕事場玄関前の萩が満開でみごとです。

                130923萩.jpg
                0

                  大雨降るかな?

                  たぶんこのへんは風は大丈夫じゃないかと思うのですが、シートに重しぐらいはしておかねば。

                  オクラがようやく大豆より頭ひとつ飛び出してきて、花もたくさん。

                  130915オクラ・大豆.jpg

                  うちでは、これからが収穫期、かな?


                  イセヒカリのほうは、膝丈くらいでこんな穂がついている状態です。

                  130915イセヒカリ.jpg

                  横っちょの雑草の丈が高くなって倒れ込んできている。まずい。
                  この草刈は来週。
                  そしたら、もっとはっきり穂の数とか状態がわかると思います。

                  今日はこれだけ。。。
                  0

                    じゃがいも用畝の準備にかかりました

                    今日は露出補正を間違えて、吹っ飛んだ写真です。ご了承くださいませ。

                    さあさ、夏草のエサ化の大仕事にかかります。
                    真っ先にじゃがいも用畝から。

                    というのも、もうイモが休眠から覚めてまいりました。
                    6/13のイモ掘りから75日。
                    また緑化にかかります。

                    なので、畝つくりを急がないとまた間に合わなくなる!!!

                    作業はいつものように、
                    草刈して、

                    130828じゃが畝つくり1.jpg

                    はさみでカットして、

                    130828じゃが畝つくり2.jpg

                    フォークで一刺し分の深さくらいをザックリほぐす。土はこんなかんじ。土中の籾殻は菌糸付き。

                    130828じゃが畝つくり3.jpg

                    カットした草はとりあえず畝上に拡げて、今日は終了。

                    130828じゃが畝つくり4.jpg

                    明日もう少し乾燥してカサ低くなったら、表土と和えて、雨の前にビニールをかけておこうと思います。

                    まだまだ暑いからなあ。いつ頃植えられるだろうなあ。


                    で、今日の収穫。

                    130828ゴーヤ.jpg

                    だいぶ実が小さくなってきました。
                    今年はゴーヤ豊作でした。タイミング的に収穫しそこねてバクハツさせてしまったものも多数。
                    まだもう少し採れそうです。
                    0


                      MOON

                      NEW ENTRIES

                      CATEGORIES

                      ARCHIVES

                      RECENT COMMENT

                      PROFILE