<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

久々の畑仕事

どっぷりと草に埋もれていた一日でした。
この季節に2週間以上放ったらかしという無謀な管理状態なので、まずは草刈をしないと再スタートできません。
雑草の種類としては、昨年よりイネ科もカラスノエンドウもぐっと減っています。それ自体はよい兆候だと思うのですが、まだまだスギナの勢いが強く、もともと酸性傾向の土の性格がモロに出ています。

不在になる前に発芽をいくつか確認したメークインは、なんだかわけのわからない状態になっていて、一番大きくなった株で、これぐらい。
120514メークイン1.jpg

こちらは、まだ出たばっかりのような小ささ。
120514メークイン2.jpg

虫に切られたものもあれば、いくつかは発芽もしていない。
もしかして、催芽処理の時に温度が高すぎて、もう一度眠ってしまったんだろか?とか。。。
結構ここの畝の土はいい感じ、と思っていただけに残念ですが、このまま見守るしかありません。

極小苗を定植することになってしまったトマトたちは、こちらも苦戦。
ゆっくりながら育っているヤツも若干ありますが、消えてしまったのもたくさん。
そして、まるで2週間の時間が無かったかのような、そのまんまのヤツも。
120514トマト.jpg

時が止まったみたいに、枯れもせず成長もせず。どういう状態なんだろうなあ???

今日一日、土を見ていて感じたのは、畑全体に、地表を乾燥させすぎた?ということ。
雨量自体は少なかったこの期間、地表からごく浅い範囲で、微生物が活発に働けるだけの水分量を確保できていなかった→まだ根が浅い小さな苗には養分が供給不足だった。
表層の糸状菌群が、その下の土を団粒化させるにも、やっぱりもっと水分がいるなあ、と触っていて感じました。

明日の雨以降しばらく晴天・高温が続きそうなので、ここはひとつ、表層のマルチを丁寧にやってみようかと思っています。
ビニールマルチは使いたくないので、ありがたくも(?)よく育った雑草で、厚めにカバーするつもりです。

さて本日の収穫は、またまたスナップエンドウ。
それから、小さな畝全体が、コリアンダーの森と化しているので、取り放題のこれ。
120514コリアンダー.jpg

夕飯のサラダに散らして南国気分で。

0

    関連する記事
    コメント
    草でマルチした後、青いうちに土で覆うとかなり保湿しますよ〜
    作業は大変だけど。

    スギナは青いうちに土の中に入れた方が、変化が大きいです。
    ちゃんと減ってきます。
    僕の所は本数が減って、一本のサイズが大きくなるという感じです。
    腐らないので、束でガッツリ土に埋め込んで見て欲しいです。
    • りょうすけ
    • 2012/05/14 11:05 PM
    青いうちのほうがいいんですか!やってみます!ありがとうございます!
    ガッツリですね。
    • かもすらぼ
    • 2012/05/15 9:55 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    MOON

    NEW ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    PROFILE