<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

第11セグメント終了から一週間

夏のプラクティショナートレーニング終了から一週間がたちました。
卒業に向けていっそう学ぶことが山盛りになっていました。

トレーニング後にこんなにぼおっーとしたのは初めてかもしれない。
期間終盤からとにかく眠い。
眠いというほどではないときも、アタマが回らない、考えが先へ進まない。
ネットに接続すれば、その情報量とスピード感にあきらかについて行けず、そそくさと切りたくなる。
体のバランスが良かったりめちゃくちゃ悪かったり。

今回は毎度のレッスン後の体感が微妙だけど多彩で、それの消化に手間取っているのかも、という解釈で、この一週間は可能な限りぼおっーとすることを自分に許して過ごしていました。

レッスンの動きによって、より楽な体の使い方やより無駄な緊張のない状態を発見することができる。
時には発見できずに、より高い緊張状態で終わることもある。
そんな体感を、脳が選び取り、学習し、自分のものにしていく。
だからその過程の、背景となる環境や過ごし方はできるだけ快適でありたい。
・・・と思うのです。せめて自分自身からの強迫的なものは取り除く。

とにかくすべてにスローのままでよしとする。
予定は最小限に。
動きたくなければ昼間でもゴロゴロする。
そして日常動作の中での移り変わる体感ーーースカイフックの楽さから強烈な首肩コリまでーーーを丁寧に味わう。

ようやく一週間たって、普通のリズムに近づいてきました。
体の感覚もなんとなくまとまりがついてきたような。
でも、やっぱりこうやって書いている文章が、どうもとりとめもなく。。。


次のセグメントまで、少し長めに時間があきます。
そして次が最終です。
この期間また、ゆっくりと時間をかけて消化し、何らかの自分なりの統合がされていくことになります。

「スローダウン」「スモールチェンジ」という先生の声が耳に残っています。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    MOON

    NEW ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    PROFILE