<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

小豆のための畝つくり、、、のはずが

今年はじめて、小豆を少し蒔いてみようと、またまた休眠中の場所に畝つくり。

一年くらい放置状態の畝とその横の通路部分を、いつものようにとりあえずほぐすところから。
これが以外といい感じの土で、ノリノリでほぐしていたら

140704小豆畝1.jpg

相棒がとうとう一年以上の激務に堪え兼ねて、、、

140704小豆畝2.jpg

こうなるとものすごく使いにくい (^^;)

途中からクワにチェンジしてどうにか畝として整えて、今回は久々の刈草サンドにします。
結構乾いたもの、まだ青々したもの取り混ぜて、刈草をカットせずに畝の上に並べる。
で、かなり前にこのあたりを改修しようとしたとき、表土保全し土嚢袋詰めにしてシートがけしたままになっていた土を、その上から乗せて軽く圧着。
作業が中途半端で見た目も良くなかった土たちを棚卸しするカタチで使って、気分もスッキリ、めでたしめでたし。

上から、これまたなんとなくゴミのようでいて宝のようで「どうしようか」と思っていた麻袋を
かぶせます。

140704小豆畝3.jpg

これ、見た目ボロボロ。きったない感じ。

140704小豆畝4.jpg

140704小豆畝5.jpg

なのですが、実はキノコのものすごくいい匂いがするのです。

最後にとりあえずシートがけして本日終了。

あっさり起こして畝をつくって小豆畝をつくるつもりが、刈草サンド。さらになんだか存在感のある麻袋がけ、となると、、、
もしかしてここ、いま小豆蒔くよりもひと夏このまま(か、さらにエサ入れして)育てたら、秋に葉物とか白菜とか蒔けちゃったりする???
となると、小豆用に更にどこかを畝つくりせねば。。。
なかなか終わらない。。。

が、気がつけば、春以降のんべんだらりと成り行きまかせに作業をしてきた結果、今、畑を借りて以来、史上最大の植え付け面積となっている。かも。
0

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    MOON

    NEW ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    PROFILE