<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

春のチップ仕事

久々にチップをいただきに行ってまいりました!

畑からは2km半ほどの距離。山の方へ入っていきます。
こんな景色の中に処理場があります。結構好きな風景です。

140416景色1.jpg

140416景色2.jpg

ハイキングコースでもあり、ところどころ句碑があったりします。

140416景色3.jpg

140416景色5.jpg

毎回、行ってみないとどんなチップがどれぐらいあるのかわかりません。
で、今回は・・・
無い!チップの山が全然ない!

140416処理場2.jpg

140416処理場1.jpg

ポチポチとチップを取りに来る家庭菜園の方たちが車をつけるあたりにある小さなチップの山がこれ。

140416処理場3.jpg

こんなチップ。かなり発酵済み状態のはず。

140416処理場4.jpg

でも欲しいのとはちょっと違う感じ。
こっちの集積所もほぼカラ。。。

140416処理場5.jpg

と、お!これは!!!

140416処理場6.jpg

竹チップでした!

140416処理場7.jpg

今日はこれにします。
掘っていくとほんのちょっとコロニーのところもある。

140416処理場8.jpg

欲張って欲張って袋詰めし、
まず第一便

140416運搬1.jpg

すぐ降ろして取って返し、第二便。

140416運搬2.jpg

いやいや、まだスキマに積める。

140416運搬3.jpg

助手席にも!

140416運搬4.jpg

ということで、
ごちそうさまでした!

140416運搬5.jpg

必死で積んでも、畑に持って入ればたったこれだけしかない。

140416運搬6.jpg

さあ、どう使おう。
まず最優先はジャガイモ畝。
小さい方の畝は、畝肩と中央にたっぷりチップ盛り。

140416ジャガイモ1.jpg

その上にそのへんの野草を刈ってザク切りし、

140416ジャガイモ2.jpg

140416ジャガイモ3.jpg

さらにチップを重ねる。

140416ジャガイモ4.jpg

これは、処理場のチップ山の裾の感じをマネしています。
草のあるあたりにチップが崩れ落ちてきているところ。そこらへんは水分が多すぎなければキノコ菌コロニーができていたりするので、生の草の栄養価が良いのかな?という気がしています。
あと、花も大歓迎。花には蜜がある。蜜があれば酵母がいるしカロリーもある。発酵促進にはなるのではないかと。。。
去年この畝で、たまたま咲いていた菜の花の下の籾殻が目立ってコロニー化していたので、そういう影響もあるのかなと。
最後にまた黒マルチで全体を覆っておきました。

大きなほうの畝は、畝上全部に2cmくらいマルチ+畝肩および中央の籾殻を詰めた溝の上にてんこ盛り。

140416ジャガイモ5.jpg

140416ジャガイモ6.jpg

こちらのほうは、チップ以外は何もしていません。
場合によっては後日畝肩・畝中央のみ、糠を蒔くか薄めた糖蜜をかけるかもしれません。未定。
ここも、また黒マルチで再養生。

その他、今何か植えてある畝、種まきをした畝などにチップを置いていきました。

140416深耕畝1.jpg

140416深耕畝2.jpg

140416大畝.jpg

ほんとうは、いつものようにコロニー化したチップとその周辺をもらってくるつもりだったのですが、今回はそれが無く竹チップになりました。
なので、もしかしたらなにかとスローペースになるかもしれませんね。
0

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    MOON

    NEW ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    PROFILE