<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ぽかぽかです

2時間だけ、と決めて外に出ました。
日差したっぷり。
今日は風もなく、ぬくぬくぽかぽかで、ただもうひなたぼっこをしているだけで幸せです。
なので実際作業はたいしたことしていません。
種蒔きをちょっとと、春夏の畝作業をどうしたもんかな〜。。。と、眺めていたのが実はほとんど。

朝の冷え込みが、さすがにもうマイナスにはならないかなという感じなので、トンネルの中に、ニンジン・リーフレタスを蒔きました。

140317種蒔き1.jpg

一列に発芽しているのは、春蒔きのスナップエンドウ。

140317種蒔き2.jpg


それから、大畝のもち麦のすぐそばにも一列リーフレタスを蒔いてみました。
これからどんどんもち麦の陰になるので、夏近くけっこう遅めまで弱らずにいてくれると嬉しいな、というつもりで。

140317種蒔き3.jpg

そのもち麦ですが、今はこんなかんじ。

140317もち麦1.jpg

もう茎が立ちあがってきたので、踏むことはできません。
結局麦踏みは2回しかしませんでした。

140317もち麦2.jpg


もち麦以外、秋になにも蒔いたり植えたりしなかったのでさびしい眺めなのですが、その中で「食べてね〜」と叫んでいるのがこちら、勝手に生えてるレッドロシアンケール。
春になってきてグワっと大きく、そして赤(紫)色から緑色になってきました。

140317ケール1.jpg

どんどん新しい葉が出てきていて、

140317ケール2.jpg

若い葉は、やわらかくておいしいです。

140317ケール3.jpg

もちろんキャベツよりは少々野性的な味ですが、何年か育ててきて今までで一番おいしいかも。
今後どんどん暖かくなり雨も増えたりなんかしたときに、果たして虫に付かれるのかどうかが楽しみです。


あとは食べれそうなもの。。。
といえば、イタリアンパセリ。これもガンガン大きくなっています。

140317パセリ1.jpg

中心部の柔らかい葉は甘みがあります。

140317パセリ2.jpg

なので、むしゃむしゃと作業中のおつまみにしています。
とは言ってもパセリですから、菜っ葉のように料理に大量に使うわけにもいかず。
こんなに元気なのに食べきれないのが残念!
刻んで乾燥、なんてできるのかな???


それから、ニシユタカの種イモの芽が出そろいました。
しばらく明るいところに置いて緑化させます。

140317ニシユタカ.jpg
0

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    MOON

    NEW ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    PROFILE