<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

もち麦播種

吸水させておいたもち麦が発根していたので、今日は播種。

131207もち麦発根.jpg


まずは大畝の法面側をどうしようかと考えていて、今回は黒マルチしてみようかなあ、と。
というのは、大豆2畝のうち片方側面に黒マルチをしていたら、そちら側のほうが倒伏が少なかったから。
全く同条件ではないので、マルチだけの問題ではないかもしれないけど、まあ、なんかちょっとでもいい感じだったのかな?という程度の判断。

そのために、法面に残っている刈り草の株元を、なるべく根元から散髪。
根を引き抜くと崩れそうなので、そっとそっと。

131207大畝1.jpg

131207大畝2.jpg

これでマルチは張れると。
で、マルチの下に何か仕込みたくなってきた。
刈草は山のようにある。

131207大畝3.jpg

これを並べるか?立てかけるか?
でもワサワサしててどうも扱いにくそう。
うーん、といじくりまわしているうちに、手が草の束を捻り始めた。
そうそう、ねじり棒みたいにしてそれを並べよう、ということで何本かつくってみた、が基本的に強力な繊維質のイネ科雑草ばかりなので、置いておくと元に戻ってしまう。
んじゃ、といういうことで結んでみた。

131207大畝4.jpg

ええやーん。気に入った!
ので、午前中いっぱいかけて大量生産。なかなか楽しい手仕事。晴れてるし暖かいし。
時々ヨモギが混じると、いい匂い(草餅食べたい・・・)


これでもカサ高くて扱いにくいので、午後、これを集水穴のたまり水につけて、

131207大畝6.jpg

引き上げてから足で踏んでなるべくペッタンコに。

131207大畝7.jpg

で、法面の上半分に並べてみた。うずうずがいっぱい。

131207大畝8.jpg

この法面は傾斜が2段になっていて、下半分は垂直に近いので積むのは無理。
上の傾斜でも結構きつくて、ズリ落ちるかもしれないけど。

131207大畝9.jpg

とにかくこれでマルチをしてしまう。

131207大畝10.jpg

で、やっと播種。

131207大畝11.jpg

2条ずつ計4条で蒔いて、溝のところだけ潅水して表土(ほとんど籾殻)をかぶせて、根が出ているので傷めないように手の平でそっと圧着。
最後に中央の溝の籾殻を整えて終了。

夜の寒風を避けるため、ブルーシートをかぶせておきました。

芽はいつ頃出てくる?
0

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    MOON

    NEW ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    PROFILE