<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

大畝の整理

おとといの作業をやっとUPです。

もち麦の播種が遅れて、あせっております。
いきなり寒いし。
段取り上、蒔ける場所が大畝しかないので、そこに植わっている(いや半倒れの)大豆を、完熟を待たずに早採りすることにしました。

131114大畝大豆1.jpg

大豆を刈ってから、畝上にある倒れたイネ科その他の雑草を刈ったり引き抜いたり。

131114大畝大豆2.jpg

大豆はこんな感じ。まだ中でカラカラ音はしません。もっと鞘が青いのもいっぱいあります。

131114大畝大豆3.jpg

で、雑草のほうはハサミでカットして、とりあえず袋に入れとく。

播種の前に、大がかりではなくともやっぱり一度、ある程度フォークでほぐして畝を整えなおしておきたいと思います。
なので、春に大畝を作った時に真ん中の溝(幅15cm深さ10cmくらい)に詰めておいた籾殻をいったん救出してみます。

春・夏を経て、こんな感じになっています。菌糸付き。

131114大畝大豆5.jpg

131114大畝大豆6.jpg

これなんか、もうだいぶ分解されてますね。

131114大畝大豆7.jpg

この籾殻を、雑草と同じ袋に放り込んでおきます。畝を作り直すまでの間の同居。
雑草のほうにもちょっと菌糸がまわっていけばもうけもん?
その晩に豆を全部鞘から出し豆ガラができたので、それもまた一緒にしておきます。

日が短くて、しかも夜から雨とのことなので、作業はここまでにしてシートをかけておきます。


さてもうひとつ、深耕畝のほうの現状。
まだ収穫していないショウガ。

131114ショウガ.jpg

今年はあんまり育ってないかな?
春先の干魃がひとつ。それから私の手(心?)をほとんどかけていなくて背の高い雑草に取り囲まれてしまっていたから。かな?
早く掘ってみたいのだけど、今年は他のことに時間をかけていて畑に出ることがなかなかできません。

深耕畝の土留めになっている籾殻を詰めた麻袋のほうはどうなっているかというと、、、
ちょっと菌糸が回っていたり、色が抜けかけて(リグニン既に喰われてる?)いたり。

131114深耕畝麻袋1.jpg

あ、ZAQ

131114深耕畝麻袋2.jpg

ここにもZAQ

131114深耕畝麻袋3.jpg

この籾殻、どうしよっかな。
即戦力のエサとして、ショウガ掘ってから表土に混ぜるか?
で、麻袋に今年もらった新しい籾殻を入れる。
今のところはそう思ってます。
が、また、当日になったら別なことしてるかもしれません(笑)

0

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    MOON

    NEW ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    PROFILE