<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

初もち麦の味

5月末に収穫していたもち麦を、ようやく食べることができました。
ヒマをみては、こつこつと手作業で脱穀・脱皮していましたが、昨日まとめてそれらを殻やエイを「扇風機」で(笑)吹っ飛ばして選別が完了しました。

で、重さを測って記念撮影です。

130722もち麦1.jpg

蒔いた玄麦、1袋約1000粒を6袋。
日にちをずらして3回に分けて播種。畝の状態はバラバラ。

① 11/4播種   1袋 収穫866g
② 11/17播種 4袋 収穫750g
③ 11/30播種 1袋 収穫352g

②は蒔いたわりにずいぶん少ないですねー。土がかなり詰まっていましたから仕方ないですね。

実の質はどうなんだというと

130722もち麦2.jpg

②と③の粒のバラつきが多い。ぷっくりした良い実もあれば水に浮いてしまうぐらいの薄っぺらなものも。
①はやはり充実しています。
この秋は、①から選んだものを再び蒔くことにします。蒔く面積も増やそうと思います。
が、今年よりもっとたくさん採れたら、さあ、どうやって脱穀したらいいんだろう。タイヘンだ!


今朝②のものを半合、茹でてみました。

130722もち麦3.jpg

たっぷりの水に塩少々を入れて、約30分。
玄麦なので、かなり歯ごたえ充分。中はもちっとしています。
通販では精麦してあるのが多いですね。好みはあるでしょうが、私はこれくらいの噛みごたえ大好きです。噛んでいるとだんだん甘くなる。
サラダトッピングとかポタージュスープに入れてみようと思います。

今度はお米と一緒に炊いてみよう。
茹でるとせっかくの色をずいぶん捨ててしまうことになるので、なんかもったいない。
蒸すのもいいかもしれませんね。
0

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    MOON

    NEW ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    PROFILE