<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

イセヒカリ救出!

ここのところずっと、仕事場の大がかりな整理・片付けに専心していました。
ので、さあタイヘン。イセヒカリが雑草の海で溺れている(笑)

130721イセヒカリ1.jpg

130721イセヒカリ2.jpg

しかし!!! イメージしてみましょう。

今、これらイネ科雑草たちの根には、共生菌がたくさん絡んでいます。
彼らにとっては、稲よりも今の時点で元気な雑草のほうが、たくさんエネルギーをもらえるのでそちらが魅力的に見えるはず。
なので、雑草と共生する→エネルギーと引き替えに栄養を供給する→雑草が元気になる→いっぱいエネルギーをもらえる→菌たちも増える、、、の状態ですね。
そこで、今日雑草を抜く→菌たちがお腹をすかせる→残っている稲の根に気がついて「まあこっちでもええかー」とひっつく→今までよりエネルギー供給が少なくてひもじいのでがんばって稲を元気にしようと育てる→稲が元気になる→菌が元気になる

よし、完璧なシナリオだ、と妄想を高めたところで作業開始。

根を土中に残して刈るという選択肢もあったのですが、どうもそれぐらいではすぐに挽回してきそうなので、きっぱり引っこ抜くことにします。
だいたい今回の除草1回ぐらいで、この辺りの雑草がへこたれるわけがない、と思う。

しっかりと稲と雑草を見分けながら除草。とにかく見渡す限りほぼイネ科なので(笑)
抜いた草の根っこに菌糸が絡んでいるのを時々確認してはほくそ笑む。
どうぞ皆様、すみやかにお引っ越しをお願いします。


できた!

130721イセヒカリ3.jpg

まだ抜いた草が青いので、わかりにくいですね。
これぐらいの角度からなら少しは稲がわかるでしょうか?

130721イセヒカリ4.jpg

全体的に見渡した感じでは、右側の畝肩にあたる一列の成長具合が一番良くないです。
活着せず消えてしまっていたところもありました。
とてもわかりやすく保水状態の差が出ているのかな、というところです。

ついでに、何本もまとめて定植した育苗組たちのうち、成長差がはっきりしてきたものについては、間引きをしてみました。

130721イセヒカリ5.jpg

130721イセヒカリ6.jpg

とにかく、雨が欲しいなあ。
今週は戻り梅雨っぽくなるそうです。ちょっと期待したいところです。
0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    MOON

    NEW ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    PROFILE